2016年09月

中央西線からの石油列車は遅れて来ても四日市発の貨物列車は定時で発車して行きました。先ほど末広橋梁で撮影したDD51-891のセメント列車は富田駅に向かって行きました。

イメージ 1

四日市駅から二つ目の踏切近くでの撮影です。背丈位のフェンスが有りますので背伸びしての撮影です。

イメージ 2

天気が良いと午後は逆光に場所ですけども本日は曇りですので撮影が楽です。
今度はコスモ石油からの石油列車が長野県に向けて発車して行きます。

イメージ 3


イメージ 4

キハ85 特急南紀も定時で来ました。

イメージ 5

快速みえのキハ75が鳥羽に向かって石油基地の横を走って行きます。

イメージ 6

中央西線からの貨物が来ないので富田からのセメント列車が先にやって来ました。
DD51-891が三岐鉄道からのセメント貨車を四日市港にピストンで運んでいます。

イメージ 7



イメージ 8

石油列車を諦めてセメント列車を三岐鉄道で撮影しますので三岐鉄道に向かいます。

お昼ご飯は国道23号線の高架下の中華料理屋でトンテキランチを頂きました。
四日市に来る時は良く食べに行きます。本日は食べやすくトンテキは全部切れていました。

イメージ 1

撮影後は太平洋セメント四日市工場を見に行きます。

イメージ 2

本日の機関車は室蘭から来たDD511が準備をしていました。

イメージ 3

車庫の中には白い機関車のDD452が居ました。

イメージ 4

見学後は末広橋梁に向かいます。本日は橋梁の下降から見学します。
係員が来て音が鳴り出したら下降が始まりました。

イメージ 5

四日市方向から12:57頃にセメント列車がやって来ました。

イメージ 6

DD51-891が係員を乗せて渡って来ました。

イメージ 7

太平洋セメントの貨物を受け取ってすぐに四日市駅に戻ります。
四日市行きはサイドから船を入れての撮影です。

イメージ 8

天気が良いと逆光に成りますので曇りの日限定の撮影です。

イメージ 9

受け取ったセメント貨物はDD511が工場に向けて牽引して来ます。

イメージ 10

両数が長くセメントが満載なのでエンジンをふかして行きました。

イメージ 11

工場地帯ですので倉庫の横を抜けて工場に向かいます。

イメージ 12

撮影後は四日市駅近くで貨物列車を撮影しながらコスモ石油工場の入れ替え機を見に行きます。
13:50頃にDE10-1725牽引の石油列車が工場に入って来ました。

イメージ 13

イメージ 15


四日市駅構内は入れ替え用のDE10も見えます。搬入してからはDE10はすぐに駅に戻って行きました。

イメージ 14

工場から入れ替え用のDLが動き始めました。

イメージ 16

この日は12号機と16号機が動いて居ました。12号機のサイドですけども同じ機関車の様です。

イメージ 17

こちらは16号機です。

イメージ 18


本日は大雨の影響で中央西線が遅れた様でDD51の石油列車も遅れて居る様です。


春日井で撮影後は高速道路で四日市に移動します。雨の中ですけども快適に移動が出来ました。途中の蟹江近くではDD51牽引のコンテナ列車なども見えました。
四日市東ICで降りて塩浜貨物駅に向かいます。塩浜駅発のDD51石油列車に間に合いそうなので近鉄海山道駅近くの道路橋から撮影する事にしました。
ここは貨物線と近鉄線が並行していますので両方の列車が撮影出来ます。
近鉄特急も新色に替わって居ます。海山道駅通過です。

イメージ 1

まだ特急色の電車も多く走って居ました。

イメージ 2

特急しまかぜも撮影が出来ました。

イメージ 3

一度乗車をしましたけども車内は豪華で車内でピラフなども頂きました。

イメージ 4

ノンストップの大阪行きアーバンライナーも走って来ました。

イメージ 5

塩浜駅方面から石油列車が来ました。近鉄海山道駅横を通過して来ます。

イメージ 6

本日は国鉄色のDD51-1805号機の牽引でした。冬場は重連運転ですけども今の時期は単機牽引が多いです。

イメージ 7

カーブを曲がってから上り坂に成りますのでエンジン全開で排気ガスを出しながら走って行きました。

イメージ 8

撮影後は南四日市に向かいます。残念ながら本日の貨物列車は有りませんでした。
構内に山九の入れ替え用のDLが2両停車して居ました。

イメージ 9



イメージ 10


イメージ 11

以前は日車製のDLは故障したと聞いて居ましたけども現在は動く様でした。

イメージ 12

撮影後は昼食に四日市名物のトンテキを食べに向かいました。

JR中央線の春日井駅近くに王子製紙の工場が有ります。製紙会社からの製品をコンテナに乗せてJR貨物列車で各地に発送しています。9月23日に友人が春日井に来ましたので迎えに行きながら春日井駅のホームから駅入線を撮影して来ました。当日は雨でしたのでホームの屋根の下で撮影しました。工場からは8時30分頃に出て来ますので駅には8時45分ぐらいに入線して来ました。
初めは駅手前で停車して係員と打ち合わせを行って入線して来ました。

イメージ 2

この日も重連でコンテナ列車を牽引して来ました。

イメージ 1

後ろの機関車の色が綺麗に成って居ました。

イメージ 3

到着後は駅のホームの横で待機していますのでホームからは色々と撮影が出来ます。

イメージ 4

春日井駅は駅舎の工事中で新しい駅を作って居る所でした。

イメージ 5

ホームには朝のラッシュで多くの電車が入って来ます。211系も活躍していました。

イメージ 6

DLはコンテナを置いて移動してから工場に戻って行きました。

イメージ 7

以前、王子製紙の工場を見学に行った時の写真です。工場に入る線路です。
工場前は道路が狭いので撮影地は少ないです。

イメージ 8

駅からの専用線は草むらの中を走って来ます。

イメージ 9

工場のフェンスの中の様子です。

イメージ 10

車庫の中にDLが有りました。

イメージ 11


春日井駅でも撮影は朝のみでそれ以外は行って居ません。
昼頃にEF64のコンテナ列車が到着してEF64が入れ替えを行って発車して行きます。

貨物博物館は丹生川村貨物博物館は丹生川駅の近くに有ります。
駅前に車を停めて向かいます。

イメージ 1

入り口正面には東武鉄道39号蒸気機関車が有りました。

イメージ 2

貨車もいろんな種類が繋いでありました。
名鉄ト200形ト246が有りました。

イメージ 3

西濃鉄道のワフ21000型の21120も有りました。
イメージ 4

毎月第一日曜日に開館をして居る様なので一度、開館日にお邪魔したいです。
見学後は三里~大安間の鉄橋にED459+452 セメント列車を撮影に向かいました。

イメージ 5

鉄橋に近づいて普通列車も撮影しました。

イメージ 6

撮影後に近くのお店で昼食を頂いてから午後の貨物列車も同じ鉄橋で撮影します。
ED452+454牽引のセメント列車がやって来ました。

イメージ 8

少し青空が出て来ましたのでワイドでも撮影しました。

イメージ 7

撮影後は又、山城~保々間に戻ってED457+459牽引のセメント列車を撮影しました。ここは午後の方が順光です。

イメージ 9

本日の撮影はこれで終わりです。帰りも東員ICから高速道路で帰ります。
今回は彼岸花狙いで行ったので撮影が出来ませんでしたので今週末にもう一度撮影に行く予定です。高速道路が開通してからは三岐鉄道に行くのが早くなりました。


↑このページのトップヘ