2016年03月

東海地方は昨日の暖かさで桜の開花が進み5分咲き位まで行きました。
今週末は満開に成りそうです。先週は山口線にC57-1を撮影に行って来ました。
今年の山口も桜の開花がまだで多くが蕾でした。一部の花は咲き始めていました、白井の山桜は3-5分咲きでしたけども枝が折れていて今にも落ちそうになって居ました。
でも花は咲き始めていましたよ。白井地区の復興工事も進んで居ましてまだ一部では工事中でした。当日は朝の新幹線で新山口までの乗車です。乗り換えの大府駅では衣浦臨海のKE65が重連で停まって居ました。

イメージ 1

新幹線は早朝から混んでいまして名古屋発ののぞみの自由席は名古屋で80パーセントの乗車でした。新山口で駅レンタカーを借りて撮影地に向かいました。
初めは宮野~仁保間で撮影です。S字カーブを正面から狙います。
良い煙でカーブを曲がって来ました。

イメージ 2

山里にドラフトを響かせて進んで来ます。

イメージ 3

この日は気温も低くて良い煙が出ました。傘寿のHMを付けていました。

イメージ 4


展望車のも多くの乗客が居ました。

イメージ 5

撮影後は長門峡を目指します。9号線も空いて居ましたので長門峡には早目につきました。今回は道路から正面で撮影しました。鉄橋を渡り出したら煙が流れました。

イメージ 7

スピードが出来たら煙も良くなりました。

イメージ 6

天気も良く気温も低いのでここでも良い煙は出ました。


イメージ 8

C57-1は早いスピードで走りすぎました。

イメージ 9

ゆっくりと片付けて次の撮影地に向かいます。

東海地方も桜が咲き出しました。本日は暖かいので開花が進みそうです。
昭和61年3月21日に名古屋臨海鉄道で開かれた臨海フェアーのイベントの写真が出て来ました。名古屋臨海鉄道の東港駅構内で開かれました。イベント列車も走ったようです。会場には名鉄の電気機関車も展示して有りました。色が悪いですけども乗せます。

名鉄401型電気機関車で最近に新型に替わりまして見えなくなりました。
後ろには日通マークのDLも見えます。

イメージ 1

ND552-11の機関車は国鉄からDD13形の機関車です。旧塗装で有りました。

イメージ 2

構内にはいろんな貨物も有りました。

イメージ 3

ND552ー10を先頭にイベント列車が有りました。

イメージ 4

運転席の見学用に昇降階段も用意して有りました。

イメージ 7

ND552-6先頭には臨海鉄道の臨海フェア号のマークが付いて居ました。

イメージ 5



イメージ 6


今ではこんなイベントも無くなりました。でも今でもDD13型機関車が現役で走っています。また撮影に行きたいと思って居ます。

高崎機関区に有りましたDL・ELを調べたら多くは碓氷峠鉄道文化むらの展示車両が多く有りました。この頃は保存状態も悪い車両が多く、廃車車輌かと思ったぐらいでした。
その中でもEF30-20はステンレスの機関車でしたので見た目は綺麗でした。

イメージ 1

ED75-39 も有りました。

イメージ 2

EF65-511も有りました。昔、ブルトレを撮影したと思います。

イメージ 3

EF64-1010は試験塗装の状態でありました。

イメージ 4

キハ35-901はステンレスのボデーでした。

イメージ 5


イメージ 6

EF15-200も有りました。

イメージ 7

EF15-165も居ました。

イメージ 8

EF15-200を先頭に連結していました。

イメージ 9

EF60-501も有りましたけども状態が悪いです。

イメージ 10

EF60-19はアメリカントレイン塗色でした。これは綺麗でした。

イメージ 11

最後の見学場所は機関車庫の中のD51-498でした。1988年に復活したD51です。

イメージ 12

形式入りのナンバープレートが付いて居ました。

イメージ 13

復活した所でしたので車庫の中に大切に保存して有りました。見学後は高崎駅より帰路に着きました。


東十条でブルトレを撮影後は電車で高崎駅に向かいました。駅のホームで撮影をしてから機関区の見学に向かいました。機関区では色んな機関車が保留して有りました。
大宮の鉄道博物館に保存して有る車輌も有りました。なぜ高崎に有るの?と言う機関車も有りました。ホームでは上越線の電車と八高線のキハも撮影して居ました。

八高線のキハ30

イメージ 1

189系 特急あさま 

イメージ 2

普通列車は信越線と上越線の電車が並んで停車して居ました。

イメージ 3

撮影後は皆さんと集合して高崎機関区の見学会に向かいました。
その頃は八高線にもDD51の貨物列車が走っていましたのでDD51も多く停車して居ました。

イメージ 4

EF80-63が停車して居ました。

イメージ 5

車庫の片隅にEF59-1が有りました。

イメージ 6

2両並びも撮影して居ました。ペンキがボロボロでした。

イメージ 7

EF53-2も有りましたけどもEF53-2は見た目は綺麗でした。

イメージ 8


イメージ 17

DD51-1とEF64-1025の並びも撮影して居ました。

イメージ 9

EF55-1も有りました。

イメージ 10

イメージ 11

EF60-501も有りましたけども状態が悪かったです。

イメージ 12

EF63-1は茶色に成って居ました。

イメージ 13

EF62-1も茶色でした。

イメージ 14

EF58-172も有りました。この3両は碓氷峠鉄道文化村に保存されていますよね~。
足回りは綺麗にペンキが塗って有りました。

イメージ 15

172号機は、一般機としては唯一御召し列車も牽引した経歴も持つナンバーですよね。

イメージ 16


他にも有りますのでその4に続きます。

名古屋では昨日に桜の開花宣言を行ったようです。でも、家の近くの桜はまだつぼみでした。1989年6月3日には都内で泊まった様で4日は東十条駅近くで上野着のブルトレを撮影した様です。その頃は東北からも北陸からも夜行寝台列車が多く走っていました。
昨日は上野発のカシオペアが最後の運転で多くの人がお見送りをしたようですけどもその頃は夜行列車が当たり前の時代でした。でも、乗客は多く居ましたよね。

秋田からの特急出羽がEF64牽引で来ました。

イメージ 1

金沢からは特急北陸がEF64牽引で上野を目指します。

イメージ 2

その間には115系の普通電車が走っています。

イメージ 3

特急列車の回送も有りました。

イメージ 4

上越からの貨物列車はEF64-1041牽引で来ました。

イメージ 5

京浜東北線も緑色の101系が走っていました。

イメージ 6

青森からは東北本線でEF65-1026牽引で特急あけぼのが来ました。

イメージ 7

イメージ 8

583系の特急はくつるも青森よりやって来ました。

イメージ 9

上野に向けて走りすぎて行きました。

イメージ 10

急行能登もこの頃はEF62-53牽引で客車列車で走っていました。

イメージ 11

撮影後は高崎機関区で見学会が有りましたので高崎に電車で向かいました。


↑このページのトップヘ