保々駅に向かって歩いて行くと構内では電車が並んで居ました。踏切から順光で撮影が出来ました。

3 保々駅構内 踏切から その1

復活三岐色と西武色の黄色電車を撮影します。

3 保々駅構内 踏切から その2

今度は西武色の赤色電と黄色電の並びです。

3 保々駅構内 踏切から その3

道路からも柵が有りますけども安全に撮影が出来ました。

3 保々駅構内 サイドから その2

少しサイドから

3 保々駅構内 サイドから その3

柵に近づいて撮影するとスッキリと撮影が出来ました。

3 三岐鉄道保々駅並び その1

踏切まで戻って居ると作業員が出て来て入れ替え作業が始まりました。

3 保々駅構内 踏切から その4

旧三岐色が前に出て来ましたので撮影です。

3 保々駅構内 サイドから その4

今度は三岐色が出て来ましたので新旧の並びが撮影出来ました。

3 保々駅構内 サイドから その5

本線では富田行きが出発して行きました。

3 保々駅構内 富田行き発車 その1

乗車する電車の時刻に成って来ましたので残念ながら撮影を終わらせて駅に向かいました。
電車に乗車して丹生川駅まで乗りました。丹生川駅で下車して三里~丹生川間のそば畑に歩いて向かいます。先ほど撮影した西武色の黄色い電車が来ました。

4 三里~丹生川間 黄電 西武色 その1

少しサイドで低い位置でソバの花を入れて撮影して見ました。

4 三里~丹生川間 黄電 西武色 その2

今度はED5081+5082牽引のセメント列車が来ました。

4 三里~丹生川間 ED5081+5082 その1


4 三里~丹生川間 ED5081+5082 その2

サイドからも一枚撮影です。

4 三里~丹生川間 ED5081+5082 その4

撮影後は反対側の丹生川駅方向に場所を移動しました。

撮影地に着きました。初めは単機重連の回送列車から撮影します。


2 ED5082+5081   保々~山城間 その1

ススキが逆光にギラリと光って居ました。

2 ED5082+5081   保々~山城間 その2

今度は西武色の赤電がやって来ました。

2 赤電   保々~山城間 その1

鉄橋を渡って行きました。

2 赤電   保々~山城間 その2

後ろ橋梁は新名神高速道路です。

2 赤電   保々~山城間 その3

場所を移動して保々からの電車は順光で撮影が出来ます。

2 三岐色   保々~山城間 その1

稲刈りは終わって居ました。青空が綺麗です。

2 三岐色   保々~山城間 その2

今度はED454+455が白ホキを牽引して来ます。

2 ED454+455   山城~保々間 その1

白ホキ4両と短い編成です。

2 ED454+455   山城~保々間 その2

保々駅に向かって走って行きました。

2 ED454+455   山城~保々間 その3

撮影後は歩いて保々駅に向かいます。天気が良いので歩いて居ると少し暑く成って来ます。

10月11日は台風一過で天気も良く成り三岐鉄道に電車で行って来ました。カメラをリュックに入れて久しぶりに電車に乗車して行きました。早朝に地元駅から乗車です。高架工事が始まりますので跨線橋も撮影しました。

1 半田駅にて その1

313系電車が入って来ました。

1 半田駅にて その2

名古屋まで311系電車で向かい名古屋から桑名駅までは快速みえ51号に乗車して桑名に向かいました。桑名駅で近鉄に乗り換えです。桑名駅は新しく成って居て乗り換えは一度駅を出てJRから近鉄に乗り換えです。ホームに降りたらアーバンナライナーが入線して来ています。

1 桑名駅にて その2

名古屋方向に特急電車が出発して行きました。

1 桑名駅にて その1

ついでに普通電車も撮影します。

1 桑名駅にて その3

近鉄富田駅まで乗車して近鉄富田駅で三岐鉄道1日乗り放題パスを購入します。
1200円でした。

1 三岐鉄道フリー切符 その1

三岐線と北勢線が1日乗り放題の切符です。

1 三岐鉄道フリー切符 その2

近鉄富田駅から8:49の電車に乗車して保々駅に向かいます。保々駅から歩いて近くの鉄橋に向かいます。初めは西武色の赤電から撮影です。

2 北勢中央公園口~保々間 赤電 その1

秋晴れの晴天で青空が綺麗です。

2 北勢中央公園口~保々間 赤電 その2

今度は保々駅からセメント列車が来ます。ED452+453重連の列車を保々~北勢中央公園口間で撮影です。

2 ED452+453   保々~北勢中央公園口間 その1

吊り掛け音を響かせて築堤を登って来ます。

2 ED452+453   保々~北勢中央公園口間 その2

撮影後は歩いて保々駅を通り過ぎて山城駅方向の撮影地に向かいました。

↑このページのトップヘ